≫ 8*Links占いルーム/甲府市貢川(直前予約OK)

未来は変化する~「〇年後の私はどうなっているの?」と運まかせにせず行動しよう!

スピリチュアル
スポンサーリンク

本格的な意識変容への扉はもう既に開き始めている

 
昨年末頃から「風の時代」という言葉があちこちで散見されるようになりました。
それと前後するように、私自身、不可思議な現象を目にすることが増えてきたように思います。
例えば「タイムスリップ」。えっ、SFか何かの話?なんて驚かないでくださいね。大真面目です!

ある時、理由があってスマホの時計をガン見していたら、「11:03」⇒「11:05」にパッと変わったんですよ。「えっ、えっ、11:04どこ行った!!!」って半分パニックになりました(笑)
こうした時間軸の平行移動は時々体験するのですが、やっぱりその瞬間はちょっと驚きますね。
 

魂の世界には時系列という概念がありませんから、過去も未来も現在も、全ては同時に存在しています。だからそれほど不思議なことでもないのですが、この三次元的な地上に生きる私たちは「過去から未来へ向かって進む」時系列に慣れているため、なかなかこうした出来事は受け入れられないんですよね。
 

【参考:姉妹ブログの記事が開きます】

過去から届いたメール
サーバーに保管されていたメールが、こちらの意図的な操作も何もなしに自動で送信される、などといったことがあるのでしょうか?もしかしたら、人の「思い」はそうした振動波にも影響を与えるものなのかもしれませんね。

 
ただ、前述の風の時代という大きな節目にあって、地球規模で人々の意識がアップデートされ、不可思議な(に見える)現象が表出してきているのを感じます。
それはこれまで私たちが気付かなかっただけで、元々ずっとそこにあったものなのですが……例えばガリレオの時代の地動説のように、これまでの常識からすれば「トンデモ話」のように聞こえるものなのかもしれませんね。
 

未来は幾通りもあり、常に変化する可能性がある

 
さて、前置きが長くなりましたが、見出しにもあるように未来は変化します。
本当は未来って幾通りもあるんですよね。自分が今いる時間軸から別の時間軸へ、タイムラインを交差(平行移動)して運命が切り替わることがあります。

まあ「パラレルワールド」なんて書くとかえってSFっぽくなってしまうので、「自分の波動を高めてより良い未来を引き寄せる」と書いた方が分かりやすいかもしれません。
 


 

なぜ、長々と時間軸の話なんて書いたのかというと、「〇年後の私はどうなっていますか?」というご質問を頂くことが案外多いからなんです。

例えばタロットで鑑定していると、クライアントさんが「今まさに岐路に立っている」ことが示される場合があります。
そうした時、ご本人が「より良い方向に進もう!」と本気で決意すると、その直後から未来を示すカードがガラリと変化してしまうことがあるのです。

私はよくこれを「分岐点のポイントが切り替わる瞬間」なんて言ったりしますが、つまり未来は、自分の意思ひとつでその矛先が変わってしまうということ。
だから、「〇年後の未来」を断定することなんて不可能なんですね。
 

未来はどこか遠くにあるのではなく、今いる場所の延長線上に存在する

 
タロットであれば、まるでオセロゲームのようにパタパタと場が変わっていく様子が分かりますし、それをSFっぽく言えば時間軸の平行移動ということになるのでしょう。
そして物理的には、私が体験した「デジタル時計の数字が1分スキップしてしまう」みたいな現象になるのかもしれません。それらは全部同じことを指しています。
 

前述の通り、今を変えれば未来も変わります。その決定権は他ならぬ自分自身にあります。
絶対的に変えられないカルマの法というのももちろんありますが、基本的に運命は自分が作っていくものです。
だから「この先どうなるの?」と運まかせにただ眺めているよりも、自発的に「より良い未来へ進もう」と思うことが大切なんですね。そうすれば、どんどんそっちの方向に道が伸び始めていきますよ。

どこか遠く、自分のあずかり知らぬところに未来が存在するのではなく、「今いる場所」からそこへ続いているのです。
風の時代に突入した今、そうしたことがもっともっと、当たり前のように知られるようになってくるのではないかな、と密かに期待している私です(^-^)
 

【参考:別サイトの記事(夕貴執筆)が開きます】

人生はまるでRPGゲーム? 100%確定しているゴールなんてない~幸せは自分で切り開こう! | 癒し・健康情報のトリニティ | 女性に向けた癒し・健康情報を配信
「どうせいつかはこうなる運命だったんだ……」 そんな言葉に代表されるように、運命という響きには、 何か動かしがたい絶対的な要素が紐づけられているイメージがありますね。 とはいえ、たくさんの方々の人生を垣間見させていただく...

コメント

タイトルとURLをコピーしました